西村修オフィシャルサイト(西村修後援会)

ご挨拶

ご挨拶

~給食改善こそ一番の食の改善の近道~

愛と感謝の文京区

高校を卒業後18歳でプロレス界に入門。猛烈なまでの過酷な練習と肉食、乳製品中心のアメリカ型食生活で肉体改造し活躍するも入門後8年、癌を患いました。
復帰の為、いかなる化学療法も拒否し、徹底した原因究明と食の改善による癌体質改善をした結果、病気前は肉食、乳製品でなければレスラーとしてのパワーが付かないと間違った固定概念がありましたが、闘病中の実体験から日本人本来の食べ物と食べ方が一番適していることに着目。玄米、雑穀などの穀物や豆類に季節の野菜。味噌、漬物、梅干し、納豆などの発酵食品、小魚や貝類や海藻類で、私の体調は完璧なまでに回復し、1年10ヶ月後にはリングに復帰。
その後は病気以前よりも体力も増し、柔軟な筋肉で怪我も予防し、疲れなく、風邪もひかず、ストレスもない冷静な精神状態に変わっていきました。
復帰後、全国各地を行脚し、講演や勉強会での食育活動に取り組み、私が指導した薬漬けの子供たちが、食の改善で続々と健康を取り戻して参りました。

しかし、我が国は36兆円もの医療費を計上しながら、国の自殺者3万人、精神疾患者300万人、特定疾患者67万人、癌死亡率50%、どうしたら病んでしまった国民の健康を取り戻せるか。
歴史を探れば答えは容易でした。戦後、米国が最初に我が国に仕掛けた事とは子供たちの学校給食の完全支配でした。それは、味覚を変え近い将来、洋食を好むようにさせ、日本へ大量の小麦を輸出できる為の米国の策略でありました。
玄米菜食の国民の食を取り上げ、脱脂粉乳にパン食を強要させられた結果、悪影響を与えるファーストフード化が進み、企業は低コスト化で利益最優先となり、食材の危険性はまるで無視。国民の米離れは益々進み、化学飼料、農薬、遺伝子組み換え、成長ホルモン剤等により人工的に短期間で育った畜産や野菜、果物を口にすることで起こる猛烈な発生率の癌、アレルギーや多くの疾患。

これを防ぐには国は何を改善したらいいのか。私は、67年前の米国の策略であった給食支配を逆戻させ、子供達から日本人の食を取り戻し、病気をしない心と体にする事こそ真の予防医学であり将来の医療費の削減に繋がることを確信。
それを実行するため、私は政治の世界に進みました。
2010年、「食生活の正食化」をスローガンに参議院全国比例に出馬しましたが。落選。ならば、生まれ育った文京の子供達の健康を取り戻し、全国へのアピールを念頭に、2011年文京区議会議員に出馬し見事当選させていただき、現在に至ります。
文教委員会に、そして街を活性化させる地域振興委員会に所属。
また、町の町会長さんはじめ多くの方々の御要望に耳を傾け、安全で住みやすい街づくりのお手伝いをさせていただいております。現代人の忘れてしまった愛と感謝に満ち溢れた文京区にする為に。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

Special Link

西村修 オフィシャルブログ フリーバード 翼あるもの

 

西村修 プラーベート写真館

 

西村修 動画チャンネル

 

西村修 明日への選択インタビュー

 

西村修 闘病記

 

文京区

 

渕正信オフィシャルブログ 酔々ブルース

 

全日本プロレス

 

ドリーファンクJr

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 西村修後援会 All Rights Reserved.