西村修オフィシャルサイト(西村修後援会)

『明日への選択』インタビュー記事

  • HOME »
  • 『明日への選択』インタビュー記事

食生活改善でガンを克服したプロレスラー。只今、政治の現場で奮闘中

(※日本政策研究センター発刊の月刊誌『明日への選択』平成26年2月号インタビュー記事より掲載)

私は「食」でガンを克服した

西村修文京区議会議員

西村修文京区議会議員

■現役のプロレスラーでありながら、政治家として活動するユニークな人物がいる。それが今回登場いただく西村修さん(42)である。
 西村さんは若手レスラーとして活躍していた1998年、ガンを患い、欠場を余儀なくされる。しかし、それを機に、それまでの肉を中心とした食事から、米など穀物を中心とした日本の伝統食へと徹底的に食生活を改善した結果、ガンを克服。2年後にはマット復帰を果たす。同時に、その体験をもとに食育活動を展開。やがて病気にならない心と体の子供を育成するには給食の改善だ、と行政を変えるべく政治を志し、2011年、東京都文京区の区議会議員としてスタートを切った。
 現在、給食改善に全力を挙げる西村さんに、自らの体験と食育にかける思いなどを聞いた。

インタビューへ・・・1

日本政策研究センター発刊の月刊誌『明日への選択』は以下バナーからお求めいただけます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3941-4723 FAX:03-5803-1948

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 西村修後援会 All Rights Reserved.